*大会のプレエントリーは12月5日(水)で締め切られました。登録の結果は、各都道府県ごとの全国大会出場枠の配分をする上で用いられます。プレエントリー後の流れに関しては、「第8回連盟杯・登録手順の概要」をご覧下さい。


【プレエントリー校数のご報告】プレエントリーの登録をして頂きました学校数は、以下の通り17都道府県、計76校となりました: 愛知(3)、茨木(8)、岩手 (2)、鹿児島(5)、神奈川(16)、岐阜(1)、群馬(1)、埼玉(3)、佐賀(1)、静岡(2)、千葉(6)、東京(16)、栃木(7)、長野(2)、奈良(1)、福井(1)、山形(1)


ダウンロード
第8回HPDU杯募集要領_12月5日版.pdf
PDFファイル 397.4 KB
ダウンロード
第8回連盟杯・登録手順の概要
第8回HPDU杯2019_登録手順.pdf
PDFファイル 96.7 KB


◆ 新着情報 (2018年4月~)

12/10 「Link」のページを追加致しました。
12/10 栃木県の県大会の募集要項を公開致しました。
12/6 第7回連盟杯 教育奨励賞受賞者の報告書を公開致しました。
12/5  連盟杯プレエントリーを締め切りました。
12/5 千葉県の県大会の募集要項を公開しました。
12/2 茨城県の県大会の募集要項を公開しました。
11/26 第8回HPDU杯募集要項を一部修正しました。
11/25 都道府県大会の募集要項一覧のページを公開しました。また、東京都大会の実施要項を公開しました。


第8回 HPDU 連盟杯 全国大会 (2019)

 

連盟杯は、日本の高校生最強の英語ディベーターを決める大会として、幅広く認知されています。試合形式は論題発表から試合開始まで15分~30分程度の即興型で、連盟杯では高校生世界大会で使われている形式を、細部の変更を加えて用いています。毎年3月に開催しています。

 


2019年3月に開催される、連盟杯に出場を希望される高校の方はこちらをご覧下さい。

連盟杯(全国大会)に出場するためには、都道府県を開催し、代表校となる必要があります。都道府県大会の実施状況や、参加申し込みについて、こちらをご覧下さい。

過去の連盟杯の結果、論題、大会のルールなどはこちらをご覧下さい。



HPDU の活動一覧


連盟の設立の経緯、定款、役員、ご入会についてなど。

毎年6月に関東で開催される、新入生にとって初めての、そして上級生にとっては引退試合となる事が多い大会、新緑杯について。

HPDUの開催する各種大会ルール、過去の大会記録など。

英語ディベートを学校の授業、そして部活動で導入を考えていらっしゃる学校の先生向けの内容です。