連盟のご案内

High School Parliamentary Debate Union of Japan (HPDU of Japan, 日本高校生パーラメンタリーディベート連盟)は、任意団体として2010年12月に設立されました。そして2016年8月25日に、さらなる活動の充実を図るため、一般社団法人としての登記を行いました。

 
■ 設立目的
この法人は、英語によるパーラメンタリーディベートを通じて我が国の高校生の英語コミュニケーション能力向上、ものごとを多角的に検証し課題を解決に導く思考力向上及び自ら課題を発見する強い好奇心の育成を図るとともに、地球社会が抱える課題について基礎的知識の習得を促し課題解決への活動を学ぶ場を提供することにより、地球社会に貢献できる人材育成に寄与することを目的とする。

■ 活動内容 
この法人は、上記の目的を達成するため以下の事業を行う。
(1)高校生のパーラメンタリーディベート大会の開催
(2)パーラメンタリーディベート練習試合、各種ディベート講座の開催
(3)地球社会に貢献できる人材育成に関する講座等の開催
(4)前各号の事業に付帯する事業、その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 


一般社団法人日本高校生パーラメンタリーディベートの定款および会費規定は、こちらのページからダウンロード出来ます。

HPDU の役員・顧問・コーチの一覧は、こちらのページをご覧下さい。

連盟への賛助会員としてのご入会のお手続きにつきましては、こちらのページをご覧下さい。